2017年12月04日

★女性にモテる筋肉ランキング★レディアント筋肉★

【1】女性にモテる筋肉を鍛えているのか?

カラダを鍛えている男性には、女性にモテるために鍛えている方も多いと思います。少なくとも、だらしないカラダだとは思われたくないもの。

特に、今までは女性にモテるかどうか意識していなかったとしても、「女性にモテる筋肉」というワードを見た瞬間から、自ずと気になってしまうのではないでしょうか?

今回は、女性にモテる筋肉について、ご紹介いたします!


【2】女性が思わずキュンとくる筋肉はここ!

それでは、ランキング形式でご紹介していきます。

【3】女性にモテる筋肉8位「ふくらはぎ」

ふくらはぎの筋肉が好きだという女性がいます。引き締まり高い位置にキュッとしまったふくらはぎにキュンとくるのです。

また、女性は足の速い男性に惚れる時期があります。ふくらはぎの筋肉がキュッと締まって高い位置にあるのは、足が速いということです。瞬発力のあるふくらはぎである証拠です。もちろん、足の速さは生まれ持った筋肉の質にもよるので絶対ではありませんが、カッコイイふくらはぎであることは間違いないでしょう。

【4】女性にモテる筋肉7位「太もも」

太ももの大きさに胸がときめくようです。女性はふとももを細くしたがりますが、男性に求める太ももは、筋肉質で男らしい太もものようです。

太ももがカッコイイ代表は、サッカー選手です。太すぎず、だが圧倒的な存在感を放つ引き締まった筋肉質な太ももです。クリスティアーノ・ロナウド選手の太ももは、男女問わず魅了しているでしょう。


【5】女性にモテる筋肉6位「お尻」

男性の引き締まったお尻に目が釘付けになる女性が多いようです。確かに私も覚えがあります。男性の引き締まったお尻を見て、「なんでこんなにキュッと締まってるの!?」というように感動していました。

女性のお尻はふっくらと丸みを帯びますが、男性のお尻は筋肉質で小さく引き締まります。お尻を小さくしたい日本の女性にとっては、とても羨ましいそうです。


【6】女性にモテる筋肉5位「背筋」

男は背中で語ると昔から言われています。その感覚は本能として女性の中にもあるのでしょう。男性の筋肉質な大きい背中に心を奪われる女性が多数います。

背筋がすごい男性といえば、クライマーが有名ですね。背中が大きいのかはさておき、クライマーの背筋はすごいです。ゴツゴツを筋肉で引き締まった背中をしています。ただ、背中は大きいとまではいかないかもしれません。体重が増えるとリスクになりますからね。

その他で背中が大きいといえば、パワー種目の選手でしょうか。分厚く幅の広い筋肉は、同じ男性でも圧倒してしまう存在感を放ちます。正に「漢!!」という印象です。


【7】女性にモテる筋肉4位「前腕」

前腕の筋肉が好きだという女性もかなり多いです。特にここで有名なのは、浮き上がる血管です。シャツの袖をまくりあげた時に、前腕に浮き出る血管。これをツンツンしたい女性がキュンキュンしながら見つめていることでしょう。

女性は、男性がシャツの袖をまくりあげる仕草そのものにキュンとします。そのため、最初からタンクトップで見せびらかさず、ここぞという時に袖をまくりあげましょう。筋肉と血管であなたのトリコになります。

また、タンクトップ姿の男性は嫌われやすいので気をつけましょう。シャツからの袖まくりです。


【8】女性にモテる筋肉3位「大胸筋」

厚い胸板は男らしいです。女性は自身の胸を大きくしたがります。それと同じように、男性にも大きな胸を求めているのです。

厚く、幅の広い胸板。これに抱かれたいと思っているのです。男性が女性の豊満で柔らかい胸に癒しを求めるように、女性は男性の熱く男らしい胸に包容力を求めます。

また、大胸筋がしっかりしていると、Tシャツがよく似合います。外国人がTシャツだけでもカッコイイのは、大胸筋が発達しているからです。


【9】女性にモテる筋肉2位「腹筋」

これはもう周知の事実です。女性は男性の腹筋に興奮します。もう女子小学生でも、女子中学生でも、女子高校生でも、女子大学生でも、OLでも同じです。女性はみんな男性の割れた腹筋に惚れます。稀にポッチャリとしたお腹に惚れる女性もいますが、ほとんどの場合でシックスパックに惚れます。6つに割れた腹筋は女性を魅了するのです。


【10】女性にモテる筋肉1位「上腕二頭筋」

女性にモテる筋肉、第1位は「上腕二頭筋」です。ここに最強の男らしさを感じます。力こぶの大きさは男のシンボルといっても過言ではないでしょう。

身に覚えはあると思います。「俺、筋トレしてるんだ」と言ったら女性から「え、筋肉見せて!」と言われます。そんな時、ほとんどの場合で「上腕二頭筋」、すなわち力こぶを見せますよね。腹筋を鍛えていても、「上腕二頭筋」がほっそりとしていたら、「ただ痩せているだけな?」って思われかねません。

鍛えるなら、「上腕二頭筋」を大きくしましょう


【11】鍛える優先順位を考えてモテよう!

筋肉をただつけても女性にはモテません。実は、ムキムキ過ぎると女性には嫌われます。その証拠に、こんなデータがあります。

■女性が好きな男性の体型
・肥満→1割
・マッチョ→1割
・ソフトマッチョ→8割

普通だと物足りないけど、ムキムキは気持ち悪いし怖いという声が多数ありました。なので、ある程度鍛えて引き締まっているカラダの男性がモテるようです。

セクシービデオでもそうです。男性向けのセクシービデオでは、マッチョが登場するシーンが目につくものですが、女性向けのセクシービデオでは、マッチョは登場しません。清潔感のある程よいカラダをしたイケメンが登場するのです。

このように、筋肉をつければモテるという考えは捨てましょう。女性にモテたいのであれば、ソフトマッチョを目指すべきです。

もちろん、そんなの関係ねぇぜ!!って方は、どんどん鍛えまくりましょう!!

posted by レディアント筋肉 at 23:30 | Comment(0) | 実は知らない!正しい鍛え方とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

★サッカー選手必見!!クリスティアーノ・ロナウドのトレーニングメニュー★レディアント筋肉★

【1】クリスティアーノ・ロナウドのトレーニング目的!!

クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングを分析してみると、その目的が見えてきます。

それは、クリスティアーノ・ロナウド選手が瞬発力や筋持久力を必要とする種目のプロスポーツ選手だということです。

カラダのキレはそのままにパワーをつけ、なおかつスタミナも必要とします。

筋肉を大きくすればカラダが重たくなり、スピードやスタミナが減ります。スタミナだけつけてもあたりが弱くなります。

つまり、筋肉の量はそのままでパワーを上げる鍛え方、しかも、スタミナもアップさせるためのメニューが組まれているのです。


【2】参考となるトレーニングメニュー!!

■トレーニングメニュー
種目重量鍛える場所
ベンチプレス100kg胸・肩・腕
ショルダープレス70kg
ベンチディップ75kg肩・腕
トライセプスエクステンション30kg
アームカール30kg
デッドリフト200kg脚・尻・背中
ラットプルダウン75kg背中
スクワット150kg尻・脚
クリーン75kg尻・脚
レッグプレス200kg
ブリッジ75kg体幹
  

すべてを6回ずつ、4セットです。
レップ数は少なめで、セット数は多めという内容です。

こうすることにより、筋肉量はそのままで発揮されるパワーを上げ、筋持久力もアップさせます。また、循環器系も鍛えられますので、スタミナもつきます。

また、ペーストしては、月曜日と金曜日に行っているそうです。

腹筋は毎日3000回です。腹筋は回復が早い遅筋という筋肉なので、毎日トレーニングしても問題はないのです。


【3】クリスティアーノ・ロナウドの筋トレペース!!

クリスティアーノ・ロナウド選手は、このトレーニングメニューをサッカーの練習とは別で、週2〜3回ほど行っています。

また、すべての練習前に腕立て伏せを行ったり、毎日3000回もの腹筋を行っています。さらに、持久力アップのために走るトレーニングも行っています。


【4】クリスティアーノ・ロナウド選手と日本のサッカー選手と比べると?


クリスティアーノ・ロナウド選手の方が、圧倒的に強い肉体を作っています。全身まんべんなく鍛えられています。

通常であれば、サッカー選手ならそこまで鍛える必要のない上半身まで、なかなかの重量でしっかり鍛えられているのです。

また、下半身はもちろんのこと、体幹まで鍛えられています。先ほどのトレーニングメニューをもう1度見てください。上半身から下半身、体幹まで鍛えられていることがお分かりかと思います。

このトレーニング内容は、日本人のサッカー選手と比べると、扱う重量から内容まで上なんです。

さすが、鋼の肉体を持っているだけのことはあり、トレーニングの質から違います。

このように継続的なトレーニングで筋肉を作り、サッカーという日々の有酸素運動で無駄な脂肪を落として作られた、最高の肉体美なんです!


【5】クリスティアーノ・ロナウドのトレーニングをおさらい!!

現在の筋肉を維持しながら、発揮できるパワーを最大化することが目的です。

筋肥大を目的とするボディビルダーの場合だと、回数は8回〜12回が一般的です。

クリスティアーノ・ロナウド選手の場合は6回なので、体重を増やしてしまうことなく、現在の筋肉量を維持して、最大のパワーを発揮できるようなメニューに調整されていると考えられます。

4セットである理由も、循環器系の向上を目的としているのでしょう。


【6】クリスティアーノ・ロナウドの食事メニュー!!

■朝食
・フルーツ類
・穀類
・トースト

■昼食
・サラダや野菜
・鶏肉
・魚
・豆
・玄米
・パスタ
野菜が多めですが、たんぱく質やミネラルもしっかり摂っています。
高カロリーにならないよう注意しているのでしょう。

■夕食
昼食と似た内容です。
鶏肉、牛か豚の赤身、卵などのたんぱく質を摂れる食物のバリエーションを豊富にしています。


【7】クリスティアーノ・ロナウドは食事も大切にしている!!

トレーニングだけでこの肉体を作ることは困難です。

クリスティアーノ・ロナウド選手は食事管理も徹底して、毎日バランスよく栄養を摂取できるようにしています。
そして、当然のことながら、肉体を作るためのたんぱく質を積極的に摂取しています。

脂質はかなり抑えてあり、運動のエネルギーとなる炭水化物は適度に摂っています。

そして、この他に間食として、プロテインやサプリメント、フルーツを食べていて、1日6食にもなるようです。

肉体を激しいトレーニングから回復させて、さらに上の肉体へ向上させるためには、的確な栄養摂取が不可欠です。

トレーニングと同じくらい大切です。


【8】あなたもクリスティアーノ・ロナウドになれる!!

すごいトレーニングを行っているクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、きちんとトレーニングをすれば、あなたもこれくらいの重量を扱えるようになります。

また、こんな重量を扱わなくても、クリスティアーノ・ロナウド選手を超える肉体を作ることは十分可能です!

3000回という凄まじい腹筋をする必要もありません。

理想的な肉体美を手に入れるためには、適格なトレーニングと栄養摂取を継続するだけで良いんです。

ただ、1日のスケジュールがクリスティアーノ・ロナウド選手とは違います。

クリスティアーノ・ロナウド選手の仕事はサッカー選手なので、1試合するだけで大量のカロリーを消費します。また、サッカー選手は長時間、長い距離をゆっくり走ったり瞬間的にダッシュしたり繰り返します。

様々なトレーニングをしていることと同じでね。

ですが、大体の方は普段、仕事をしています。仕事をしながら別に時間を取りこのようなトレーニングができるのか?また、継続できるのか?

なかなかできないと思います。

だからこそ、サプリメントをうまく利用するのもアリでしょう。本格的に鍛えている方はもちろんサプリメントを利用しています。

最近では、趣味で鍛えている大学生ですら、サプリメントを利用している時代ですからね。

うまく筋トレして、きちんと食事を摂り、サプリメントも利用していきましよう!!

posted by レディアント筋肉 at 20:00 | Comment(0) | 実は知らない!正しい鍛え方とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

★目的によって筋トレの回数が違う??★レディアント筋肉★

【1】筋トレの回数とセット数が大切!!

筋肉をどんな感じにしたいのかによって、筋トレの回数やセット数が変わってきます。

大きく分けると3つの目的に分かれます。

@筋肉の量はそのままでパワーを上げたい
A筋肉を大きくしたい
B筋持久力をつけたい

@はスポーツ選手が多いです。筋肉をつけ過ぎるとカラダが重くなり、パフォーマンスが下がったりします。なので、筋肉量はそのままでパワーを上げたりします。クリスティアーノ・ロナウド選手などが正にこれです。

Aは一般の大人の方や、ボディビルダーに多いです。スタイルを良くするためやカラダを大きくするためというのが目的ですね。

Bは筋持久力を必要とするスポーツをされている方が多いです。マラソンなどですね。


【2】レップ数を知ろう!!

筋トレに大切なのはレップ数です。これは、自分がどの重さで何回上げられるのか?ということです。

1Kgのダンベルを10回上げられる場合のレップ数は10回です。
5Kgのダンベルを10回上げられる場合のレップ数も10回です。

1Kgのダンベルを15回上げられる場合のレップ数は15回です。
では、5Kgのダンベルを20回上げられる場合のレップ数は何回だと思いますか?

はい、そうですね。20回です。

このように、筋トレではレップ数が目安になりますので、ご自分のレップ数をきちんと把握しましょうね。筋肉がつけば、または負荷の重量を変えればレップ数も変わってきますが、これはすぐに簡単に把握できるようになりますよ。

ではさっそく、目的別の鍛え方に進みましょう!


【3】筋肉の量はそのままでパワーを上げたい!!

筋肉の量はそのままでパワーを上げたい場合、回数を少なめにして、負荷を上げます。自分が持てる100%の力を発揮する意識ですね。

レップ数は3〜5回です。1回という方もいます。それくらい重たいものを扱います。また、セット数は3回程度で良いでしょう。

こちらは重たいものを扱いますので、怪我に注意しましょう。ストレッチはしっかりと!


【4】筋肉を大きくしたい!!

筋肉を大きくしたい場合は、80%の力で筋トレします。

レップ数は8〜12回、これを3セットです。後半は持てなくなりますが、その場合は重量を軽くしても良いので、8〜12回は意識しましょう。

また、10秒以下であれば休憩しても良いです。それ以上休憩すると好ましくないです。


【5】筋持久力をつけたい!!

筋持久力をつけたい場合は、回数とセット数を増やします。

レップ数は15回くらい、セット数は3〜5回程度にしましょう。

こうすることによって、筋持久力がつきます。循環器系も鍛えられるので、スタミナがすく筋トレというイメージですね。


【6】目的に合う筋トレをしよう!!

いかがでしたか?なるべくわかりやすいように、かなり噛み砕いてご紹介しました。

このように、パワーを上げたいのか、筋肉を大きくしたいのか、筋持久力を上げたいの、という目的によって、筋トレのレップ数やセット数が違います。

これを知らずにがむしゃらに鍛えるのは、もったいないですね。

正しい知識を身につけて、目的の筋肉をつけましょう!!

posted by レディアント筋肉 at 19:14 | Comment(0) | 実は知らない!正しい鍛え方とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする